会社概要

ピタソフト ファクトリーごあいさつ

 ピタソフト ファクトリーは2006年の創業から、勤務マネージメントのアプリを中心に、アプリの開発を行っている小さな会社です。
 ユーザーの皆様からリクエストをいただくことも多く、初版公開の2008年から10年以上もの間、より良い製品に近づけることができました。これも、広いインターネットから当社のアプリを見つけ、気に入って使ってくださるユーザーの皆様のお陰です。これからも、皆様からのリクエストにもできる限りお応えし、当社のアプリたちを成長させて参ります。
 今後も当社のマネージメントアプリを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

代表:近藤 千絵子

経営理念

より良いスタッフマネージメント

 ピタソフト ファクトリーは、働く人が大好きです。そして、働く人たちをとりまとめ、引っ張っていくリーダーさんを応援しています。リーダーさんがより良いマネージメントができる、リーダーシップを存分に発揮できる、そんなアプリを開発して参ります。

経営方針

小さい会社だから作れるアプリ

 アプリ開発にかかる費用は、ほとんどが人件費です。設計やプログラミング、テストといった作業があり、すべてが人力でのコストです。このコストをまかなうため、大手システム会社では個性的な機能にはなかなか手が出せません。
 当社では企画から開発まで、ほぼ一人の担当者が行っております。アプリのことを良く知る担当者がじっくり吟味するので、最短路線で判断し、最小限のコストで独自の機能を実現することができます。
 みなさまに気に入っていただけるような、ちょっと気が利く便利な機能で利便性を高めていきたいと思っております。リクエストも受け付けておりますので、どうぞお気軽にご意見をお寄せください。

すべてのスタッフさんにメリットのあるアプリを

 当社のアプリは、「より良いスタッフマネージメント」を狙いに開発されております。
 マネージメント業務というとリーダーの力量がすべてと思われがちですが、実際はチームスタッフさんの協力にずいぶんと影響されるものです。
 では、どうしたらスタッフさんからの協力を得られるか?そのひとつはスタッフさん自身にメリットがあるかどうかではないでしょうか。
 当社では、現場のすべてのスタッフさんにメリットのあるアプリづくりを心がけております。

個人でも購入できる価格設定

 アプリの価格が手ごろになってきた昨今ですが、専門性の高いシステムはまだまだ費用が嵩みがちです。また、少額に見えても人数や使える機能を増やすとどんどん値段が上がることも。
 当社では、まず導入できなければ意味がない、という考えで価格が設定されています。導入に負担の少ない価格、目安としては個人の方でも購入できる価格です。
 この価格設定はとても評判が良く、ユーザーの方々から「このような低価格でありがとうございます。」「費用があまりかからないので助かります。」とのお声をいただいております。
 今後も機能追加・改良を続けますが、この価格設定は維持していきたいと思っております。
 

沿革

2006年8月EFFECT WORK (旧社名)を開業
2007年1月金沢事務所 開設
2008年7月工数&勤怠管理ソフトの初版公開
  「Workin' アワーズ」(現:チーム・ポテンシャル)
8月勤怠データ収集ソフトの初版公開
  「Workin' コレクト」(現:チーム・ポテンシャルに統合)
実績工数ビューワーソフトの初版公開
 「Workin' マネージャー」(現:チーム・ポテンシャルに統合)
12月シフト表作成ソフトの初版公開 
  「Workin' SHIFT」(現:ペタペタシフト)
2010年1月「Workin'」シリーズ(アワーズ、コレクト、マネージャー)を統合 
 「Workin' TIME」(現:チーム・ポテンシャル)
12月「Workin' TIME」を 改名
  「コア・ワーカー」(現:チーム・ポテンシャル)
2012年3月ライセンス購入用のショッピングサイトを開設
2012年5月社名を ピタソフト ファクトリー に変更
「コア・ワーカー」の表記名を変更
  「CORE WORKER」(現:チーム・ポテンシャル)
「Workin' SHIFT」を改名
  「テクニカル シフティー」(現:ペタペタシフト)
2014年6月事業所を南青山に移設
2015年1月「CORE WORKER」を改名
  「チーム・ポテンシャル」
「テクニカル シフティー」を改名
  「ペタペタシフト」
2017年6月SOHOスタイルへ変更
2019年4月サイト一斉リニューアル(スーマートフォンにも対応)