タイピング練習のコツ

第2回:少しずつ増やしていく

「短期間で覚えるぞ」の意気込みはNG!

 タイピングの練習をはじめると、はやく課題を進めたくなってきます。
 でも、そこが落とし穴です。
 「リズムよく打つ」では、打つペースを速めるのはNG というお話をしました。
 同じ理由で、1日のノルマを増やすのもNGです。

体に覚えさせるためには、あせらないこと

 練習をはじめると、ある錯覚がおきます。
 まぁまぁ、覚えた気になってしまうのです。

 たしかに、頭では覚えています
 そして、どんどん、出題されたキーを当てようとしはじめます。
 トランプの神経衰弱のようなゲーム感覚で...。
 これが典型的な挫折パターンです。

 ゲーム感覚でやっている時の記憶は、あくまでも一時的な記憶です。
 すぐに忘れるタイプの記憶なのです。
 これをやってしまうと・・・まず、翌日には忘れています。

 そして翌日。
 昨日練習した、3つのキーを全く覚えていない。
 これでは、すっかりやる気がなくなってしまいますね。

1日、3~4個のキーを目安に

 たとえば下図のキー配列を見てください。
 これだけ覚えればOKというキーは、だいたい30個です。

1日、3~4個のキーを目安に

 3個ずつやっても、30個 ÷ 3個 =10日
 
 翌日、記憶がリセットされて
 0個になるくらいなら、3個ずつ確実に覚えたほうが早いのです。
 やってみるとわかりますが、実際は3個でも、毎日、完璧に覚えられるわけではありません。

 だからこそ、毎日の3個の記憶が大切なのです。
 翌日、「昨日の3個のキーを覚えてるかな」と、チェックしながら進めるのがちょうどいいのです。